上の上の下の下の下の右

メンタル抱えた、あまり褒められた部類の人間ではない大人のブログ。

承認と同調

どうして自傷をするのかと聞かれたら、本来は表に出すべきものじゃないから答えられないと言いたいけれど、強いて言うなら私の場合は、

怒りの反動が自分にきてしまうだけとしか答えられないような気がします。


たまーにネットとかで、ピアス開けるにしても自傷のものをうっかり拾ってしまっては、あー、世の中の子はやっぱりこうして公開することで満たされるのだから、承認欲求が強いというか構ってちゃんなんだなとは思ってしまいます。

メンヘラな時点で構ってちゃんもなにもねえよってなことを突かれてしまうとその通りで、私も大きく括られるとメンヘラ自傷女。

そしてそこらへんを歩いている感情な地球人と変わらないのでしょう。

なにが違うのか、なんて個々の性格や人生や仕草以外にあるのかな、とも思います。

それでも、結局そんな大多数な人間の中に半袖で飛び込んで行く勇気がなくなるほどに自傷をしていた自分を見ると、、

それほどに満足できなかったのかい?

と、思いながら止血してました。


怒りの沸点があまりに低い性格は困ったもので、一度憤りを覚えてしまうとどこまでも、どんなことですらうるせえやってやる!

と言って痛みに気づいてやっとやめるくらいなような。

家庭環境の変化だとか、生活リズムの改善がままならないとか諸々ありますが、それでもやっぱりスッキリしないものに対しての行為がそれなので、心が綺麗じゃないなとは痛感します。


前はある程度の大人になったら満ち足りて、満足した生活が送れているんだと信じて疑いませんでした。

でも、社会人のスタートから出遅れて、高校手前で転落してった人生を思えば、なんて不利なことしてるんだろうなと思ったりはします。


それでも、希望ってなんだろうと思いながらも見えない壁にはしがみついている以上、

いつかは登ってお月様でも見られたらいいんですが…。

そんな明るい世界を認識できるほど、自分に自信がないのが一番の問題です。

※痛い話注意

自分を何度も見失う時があります。

感覚的には、ああすごく自分が遠くへ行ってしまったなという感じで。

そういう日は動くこともままならなく、音すら聞けず、よくわからないまま時が過ぎてるのを待っているような。


することを見出せないと人間何するかわからなくて、というか私の場合することが一つに固執してしまって。

今はピアスに対してこだわるようになっていったら、どうしたんだろうってくらいに増えました。

とことん落ちた人間はどうしても考えてやってしまうものなんでしょうか。

左右6個ピアスを開けてみて、トラガスに挑戦して右はうまくいったんですが、左を盛大にやらかしてしまって、出血やら頭が痛いやら。

トラガスは難しくて、刺しているときに針がどこにいってるのかが途中でわからなくなるとダメで、どうしても納得のいく見栄えにならなかったので何回も試した結果がもう…軽く拷問だったんじゃないかなと。

右も排除が心配で様子見なんですが、どうなることやら。

でも、昔はなかったパーツやらで装飾していくと、耳の主張がうるさくとも楽しくなってしまうんですよね。

もとより髪で全て隠れてしまうので、出したい時に出せるけれど…ただ、いろんな面で不利なのは確かですね。


外見が膨よかな普通の人間なので、耳に画像装飾、みたいな。

もとより小さめのピアスが好きなんですが、この間行ったショップのお姉さんと話してるのが楽しくてついつい大きめの買ってました。

左がピンクゴールド、右がゴールドで揃えてみてるんですが、楽しいです。


そうやってふわふわしつつも、ていっと自分の体を開けてしまって後悔しないかと言われたら微妙なところで。

そもそも、後悔しかしない生き方しか選んできてないじゃないかと思うと、そっちの方が耳が痛くなる。

結婚願望や恋愛欲がほとんどないのも困ったものというか、歳も歳だなと実感します。

書く習慣

ずっと、何かを書くということを怠って現在に至ります。

ここ数週間ほとんど絵も描かなければ文も書いてない状態が続いて、自分でも不安なのですが…そういう年齢になってきちゃったのかなとも思いはします。


感受性や熱意は、待つことには持つのですが、それを煮詰めてアウトプットする作業がどんどん億劫になってるなと。

思って、こうして日記を綴ってみてるのですが…。


楽しいこともあれば、比率が1:9みたいな。

いや、状態が幸せだとか楽しいだとかはいっぱいあるのですが、なぜか辛いが9割くらい感じるな、と。

書けない時期にいたからかもしれませんが、最近になってまたピアスを開けはじめ、

それでうっかり自傷行為の一環だと認識してったら気持ちが沈んだのと、まずい自傷行為の仕方をネット情報で知ってしまったのと…そういったマイナスの情報で動いていました。


特別自傷がひどいわけではないのですが、やっぱりピアスは開けてしまった上に、こうして自分の気持ちも整理してなかったので、相当負担になってたんだなあと。

それでも好きなものを聴いたり喋ったり、趣味の演技してみたりっていうのは続けられてるので、大丈夫だとは思いたいんですが…。


私の性格上、一度凝るととことん前のめりになっていくので、ピアスも歯止めかけないとまずいなとは思っておりまして。

髪で隠して出したい時に出せばいいかくらいに考えてたんですが、就活考えると軽率だったなと(いろいろアドバイスをもらって仕事をしっかりしたいなと思いつついます)

なっているのですが、どうにも一つのことに捕らわれちゃうことはうまくいかないです。


ソシャゲの課金からは手を引けつつあるのになあ…。

でも、本当にやることがないと思ってしまうと危険なようで、またゆっくり人と話しながら絵を描いたり、自分で日記をつけにきたいです、と。

そんなところで失礼します。